無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

京極竜ルート
おい
あなた

え、あ、竜、どうしたの?

ハル
おーっと、また会ったねーヤンキー君?
あ??
あなた

ちょ、ハル

ハル
だって、あなたに寄ってくる虫は排除しとかなくちゃねえ
あなた

もう、

てかよぉ、お前あなたに対して馴れ馴れし過ぎ
ハル
俺から言わせたら、お前の方が馴れ馴れしいぞ
は?
ハル
俺はお前があなたと出会うずーっと前から一緒なわけ、何度夜を過ごしたかわからない程にね
はあ?お前喧嘩売ってんのか?
ハル
喧嘩売ってるのは、君の方だと思うけどね
っつ…
胸ぐらを掴まれ大人との力の違いを感じた。
あなた

ハル!いい加減にして

ハル
ほーい、くれぐれも近づき過ぎないように、じゃあなヤンキー君
あなた

ああ、もう、はる待ってよ…ごめんね竜!

おう、…っち…あーあ
去ってく2人の後ろ姿を見ていると悔しさと悲しさに

押し潰されそうになった。