無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

team京極兄弟・京極尊人
学校に行く途中あなたの後ろ姿を見つけて走った。
尊人
あなた!
あなた

っあ、久遠さん!!

尊人
…え?
あなたは前にいた奏の側近、

久遠誠一郎とか言う奴を追いかけた。

俺の声なんて届いてなかったらしい。
兄貴、いいのかよ
尊人
おう…
嬉しそうなあなたの顔がちらっと見えた瞬間

入る隙さえ無いことに気づいた。
尊人
流石の俺でもわかる
なにがだよ
尊人
あなたのあんな顔…
兄貴なに凹んでんだよ
尊人
凹んでなんかねぇよ!
ふーん、まぁ何でもいいけど…早く行こうぜ
尊人
お、おう
学校へ着いても俺があなたに話しかける事は無かった。

帰る頃には奏が2人の側近と一緒に

エコノミークラスの教室へと顔を出した。
成瀬さんはいますか
あなた

は、はい

3人の元へ駆け寄るあなたを俺は止めた。
あなた

っえ?!

尊人
わりぃ、こいつ今から俺と行かなきゃなんねぇ場所あっから
あなた

え、ちょ、尊人!?

思わず引いてしまった手を少し歩いてから離した。
尊人
ここまで来りゃ良いだろ
あなた

どうしたの?私尊人と何か約束してたっけ?

尊人
いや、その、ほら、いちごと仁に会いたいって言ってたろ
あなた

あー、たしかにそうだね!そんな話ししてたね!

尊人
だから、今日2人の遊び相手してやってくれよ
あなた

うん、いいよ!

突然作った理由だったけれど

あなたが上手く乗っかってくれて救われた。
あなた

あ、でも竜置いてきちゃったね

尊人
あ、やっちまった
あなた

戻ろっか

尊人
いや、竜もすぐ帰ってくるだろ
あなた

そう?

尊人
あぁ
あなた

そっか

尊人
先に家入ってようぜ
あなた

うん

家へ入ると真っ先にいちごと仁が迎えてくれた。
おかえり!
いちご
おかえりー!
尊人
ただいまーー
あなた

おじゃまします…

いちご
だれ?
尊人
俺と竜の友達だ
自分で言った友達と言うフレーズに少し悲しさを覚えた。
あなたといちごと仁が遊んでる姿を遠目で眺めているうちに

自然と頬が緩んできてしまった。
ただいまー
尊人
っおう!遅かったな
兄貴が帰るの早ぇだけだよ
尊人
ごめんな?
あなた

あ、竜!おかえり!

お、おう
あなた

遅かったね

いや、お前が帰るの早いだけだろ
あなた

あ、そっか…ごめんね

いちご
あなたー早く戻って来てよー
あなた

っあぁ、ごめんね!今行くね!

はやくー
2人に手を引かれて部屋の奥へ行くあなたを見ていると

パッとあなたとの未来なんかを考えてしまっていた。