無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

STORY4
NAOTO side
あの子は誰…?


ママってあなたのこと?
NAOKI
NAOKI
NAOTOさん…
NAOTO
NAOTO
あの、あなたは結婚してるんですか?
…あの子は誰ですか?
これからの仕事ってなんですか?
HIRO
HIRO
俺が答えられるのは最後の質問だけだ。
それ以外は俺からも言えない。
NAOTO
NAOTO
直己は知ってるの?
NAOKI
NAOKI
…。
NAOKI
NAOKI
俺も分からないことがあるんです。
HIROさんあなたが言ってた仕事って…
HIRO
HIRO
最近のLDHの曲はあなたが作ってくれてたんだ。俺も今日知ったんだけどな。
NAOKI
NAOKI
でも、打ち合わせの時はあなたじゃなかったですよね?
HIRO
HIRO
あぁ、知り合いが勝手に送ったものが始まりみたいだ。
NAOTO
NAOTO
俺ちゃんとあなたと話したいんです。
HIRO
HIRO
俺も、聞きたいことが聞けてない。
あなたの事だからまた探すのに苦労しそうだな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた side
陽葵を保育園に預けて普段は歩いたりしたくないんだけど、今日は歩きたい気分。
あなた

はぁ

広臣
広臣
あれ?あなた?
あなた

…臣くん

広臣
広臣
俺、聞きたいことがあるんだけどさいい?
あなた

嫌って言ったら臣くんは聞かないでくれるの?笑

広臣
広臣
無理やり聞く笑
あなた

えぇー笑

あなた

まぁいいよ。
別にHIROさんやEXILEの皆に話してもいい。もちろんメンバーにもね。でも、後輩とNAOTOくんには絶対に言わないで、お願い。

広臣
広臣
わかった
あなた

そう言って約束破ったら絶好ね!

広臣
広臣
笑 わかったって
あなた

…まだあの時のメイクさん居るの?

広臣
広臣
え?
あなた

偉い人の娘さんの、紀々(ノノ)ちゃん

広臣
広臣
居るよ?
あなた

そっか、そうだよね笑

広臣
広臣
あなたどういうこと?