無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

STORY9
NAOTO side
NAOTO
NAOTO
んッ
NAOKI
NAOKI
NAOTOさん、
NAOTO
NAOTO
直己…。
NAOTO
NAOTO
あなたは?
NAOKI
NAOKI
…。
HIRO
HIRO
NAOTO、目が覚めたな。
済まない。あなたは今お前より状態が悪い。
NAOTO
NAOTO
どういうことですか?
あったことを全てHIROさんが話してくれた
NAOTO
NAOTO
あなた…
|  Ꙭ)و゙ガラガラ
健二郎
健二郎
すみません、あなたが急変して!!!!!
HIRO
HIRO
わかったスグに行く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ピーピーピーピー
NAOTO
NAOTO
あなた…。
手を握る
NAOTO
NAOTO
お願い。お願い。目を覚ましてくれ。
ピッピッピッピッ
広臣
広臣
あの、HIROさん。
「あの時とは違う」ってどういうことですか?
HIRO
HIRO
あなたの様子が変わる前、紀々が何か言わなかったか?
剛典
剛典
そう言えば…。「アンタなんか死ねばいいのよ」って
HIRO
HIRO
その言葉に多分反応したんだと思う。
ELLY
ELLY
どういうことですか?
隆二
隆二
もしかして、お母さん?
HIRO
HIRO
そう、あなたの父親が事故にあった時母親は全てをあなたのセイにした。
「アンタさえ居なければ」ってね
健二郎
健二郎
だから
あなた

んッ

NAOTO
NAOTO
あなた!!!!!
あなた

NAOTO…くん。良かっ…た

あなた

…ナンデシネテナイノ?

あなた

ワタシサエイナケレバ…

NAOTO
NAOTO
そんなこと言うな!!!!!
俺はあなたが生きていてくれて嬉しい。
陽葵ちゃんも待ってるんだぞ?
あなた

ごめんなさい泣

隆二
隆二
あなたが泣いてるの初めて見たかも
NAOTO
NAOTO
俺はあなたを絶対に守っていく!
約束するから、死ぬとか言わないで
HIRO
HIRO
あなたのメンバーがお前らで良かったよ





数ヵ月後
無事に8人の三代目となり。

また新しいSTORYを8人で作っていく。