無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

透明
あなた

なんで...?

望
......もしかしたら。。。
望が何かを言いかけたところで、どこからか声が聞こえてきた。
天の声
この世界にお住いになっております、皆様。
天の声
この結界の中に、外の世界からの侵入者がおります。
侵入者...
それって...私の事?
望
やっぱり。
天の声
___侵入者は、今頃結界の力により体が透明になっているでしょう。
あなた

私の...事だ。

天の声
もし、そのような者を見かけましたら、本部へ念話をお飛ばしください。
天の声
本部が見つけ次第、
私と望は、生唾をのんだ。
天の声
___早急に処分致します。