無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

透明
ご飯を食べ終わった。
あなた

んふふ〜‪w
美味しかったぁ!

望
どーも!
望の作るご飯は、とても美味しい...!
ずっとこんな感じで、望と暮らしたいなぁ...

......って!
なんてこと考えてんの私はっ!?
考えを振り払うように、ブンブン頭を振る。
望
あなた...?
あなた

んあえっ!?

びっくりしたあ!
あなた

や、なんでもないっ!なんでもないよ!
ただ、頭に虫が...

必死の言い訳を並べる。
望
や、あの、そーやなくて...
望が、不思議そうに私をみる。

頭ブンブン以外、私なんかしたっけ...?
望
俺が疲れてんのかな...
あなた

望
なんかさ、あなた...
望
透明になってるってゆーか...
透けとる...