無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

サクセン
揺れが収まると、空は暗くなっていた。
暗い、というより“黒い”だろうか。

まるで絵の具で塗ったかのような真っ黒な空に、私と望はただただ驚いた。
望
なんや...これ......
空を見上げていると、黒い雲の中から光が見えた。
???
モクヒョウ...ハッケン
???
サクセンヲ...カイシスル