無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

落ちていく。




私はどこへ、向かっているの?
あなた

うわぁぁぁ!

でも、恐怖とかの感情はない。
なんだろう。



安心感っていうの?





私にはわからない。
この感覚、1回だけ...感じたことがある。








光がみえる。
きっと、あそこが出口だ。
あなた

っと...

穴から外へ出た。





外は、見たことがない花でいっぱいだった。