無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

妖精
私が話し終わると、望は「ふむふむ...」と考え込んだ。
望
......ってことは、この世界って...
あなた

そう。ここ、私が元いたニッポンなんじゃないかって......

言い終わると同時に、謎の光る物体が、こちらに飛んできた。
???
んえええっ!?
だれっ!?
顔は影になってて見えにくい。
謎の物体は、ひらひらとこちらへ飛んできた。
望
!?!?!?