無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

逃走
望
今のうちや。はよ行くぞ!
そう言うと、望は私を抱えて、また走り出した。
あのドローンみたいなやつ、榴弾を飛ばすのは1回だけらしい。
...てか、さっきから望さん。近くないですか...///
斜め上をみると、望の横顔。
心臓の音、聞こえてないかな.........

空は、まだ黒い。
あなた

.........///