無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

優しさ
見たことがない場所で、目がさめた。
ここはどこ?
望
あ、起きたー!
あなた

のぞむ......

そうだ。


もしかしたら私、そのまま寝ちゃってたの?
だとしたら、望は私をここまで運んでくれて...
望
あなた、ずっと寝てたんやで?
あなた

えっ?
そうなの?

望
おん。
あの...おれに.........その、
だだだだだ抱きついたまま。
あなた

そうなんだ...

なんだか、望の顔がちょっと赤い気がする。
熱かな...?
あなた

ピトッ...望のおでこに手を当てる

望
!?!?///
あなた

熱は無いみたいだね...

望
ね...熱!?
あなた

うん。
だってさっき、
望の顔すっごい赤かったもん。

望
Σ(///△///)
もっと赤くなった。
あなた

あ、あの、ここはどこ?

望
ふぇっ!?
こ、ここ?
望
ここは、おれん家やで。