無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

男の子
落ちた先は、見たことがない様々な花が咲き乱れていた。
あなた

......?

藤のような花の隣に、人影がみえる。
男の子
男の子
......
身長は...150cmくらいあるのかな。


私と同じくらいの歳だろうか。

顔が幼い。
あなた

ねぇ...

男の子
男の子
Σ(OωO )ビクッ!?
男の子
男の子
な...なに?
男の子は、体を震わせながら返事をした。
あなた

あなたはだれ?

男の子
男の子
お、おれは...
男の子
男の子
ここの世界___木の中の世界に住んでる。
名前は.........わからない。
あなた

そうなんだ。

あなた

わたしは、神楽あなたっていうの。

男の子
男の子
そ、そうなんだ。
大きな体を震わせ、こっちを見ている男の子。
あなた

わたしと、ともだちになろう!

男の子
男の子
え...?
男の子
男の子
ともだち?
あなた

うん。
わたしと君は、おともだちだよ!

男の子の顔が、ぱあっと明るくなった。
男の子
男の子
うん!
あなたちゃんとおれは、ともだち!
あなた

(*´﹀`*)ニコッ

この日私たちは、“ともだち”になった。