無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

この場所
それから私たちは、時間を忘れて遊んでいた。
さっきから、“夜”が来ない。
望
あなた、この花なんていうか知っとる?
あなた

どの花ー?

望
この花ー
望は、近くにある藤のような花を指さした。
あなた

えー?
なんだろ。

望
この花な、“コウナ”って花やねん。
望
花言葉は...
私は、話している望の綺麗な横顔を見ている。

さっきから、話が頭に入ってこない...






























望
「どこにいてもあなたを想う」