前の話
一覧へ
次の話

第30話

足抜け
527
2020/05/25 09:55
それから数日後
私のいるお店では中々宇髄さんの奥さんの名前や鬼の手がかりが掴めなかった
お店の子供(?)
ねぇねぇ聞いた?京極屋の女将さん亡くなったって
京極屋…善逸が潜伏してるお店!
私は話に耳を傾ける
お店の子供(?)
それが不思議な亡くなり方らしくて…まるで転落死したみたいに…
神月  咲夜
神月 咲夜
(転落死?)
お店の子供(?)
最近足抜けしていなくなる子も多いから怖いね
神月  咲夜
神月 咲夜
ねぇねぇ、足抜けってなぁに?
私は思い切って聞いてみる
お店の子供(?)
月輝るなちゃん知らないの?
月輝は咲夜の偽名です!
お店の子供(?)
足抜けっていうのはね、借金を返さずにここから逃げることだよ
お店の子供(?)
見つかったら酷い目に合うんだって
そう説明してくれた
神月  咲夜
神月 咲夜
そうなんだ!
うへぇぇ遊郭怖ぇ…
そう言えばと言葉を続ける
お店の子供(?)
こないだだって須磨花魁が…
神月  咲夜
神月 咲夜
え!?
宇髄さんの奥さんの名前が出てきて思わず声を上げる
神月  咲夜
神月 咲夜
須磨花魁が…どうしたの?
恐る恐る聞こうとする
しかし
女将さん
こら。噂話はよしなさい
女将さんによって終わってしまった
モヤモヤが募ったまま特に異変もなく数日過ぎていった
‎⋆ ・‎⋆ ・‎⋆ ・‎⋆
嘴平伊之助
嘴平伊之助
だぁからこんな奴がいるんだよ!
私と炭治郎と伊之助は屋根の上で情報交換
そしてさっきから伊之助のいるお店、荻本屋に鬼がいると全体で表現している
神月  咲夜
神月 咲夜
もっと具体的に…
嘴平伊之助
嘴平伊之助
じゃあこうか!?
両手をぐわっと広げる伊之助
私は呆れる
神月  咲夜
神月 咲夜
そう言えば善逸は?
宇髄天元
宇髄天元
善逸は来ない
いつの間にか宇髄さんが屋根に腰を下ろしている
竈門炭治郎
竈門炭治郎
善逸は来ないとはどういうことですか?
宇髄天元
宇髄天元
すまない
宇髄さんはそれに答えずに謝る
宇髄天元
宇髄天元
嫁を助けたいがために判断を間違え、善逸は行方不明になってしまった。お前らは階級が低過ぎる
宇髄天元
宇髄天元
ここからは俺1人て動く
神月  咲夜
神月 咲夜
は!?私一応柱だ…よ
最後は消え入りそうな声になってしまう
役ただず
弱い
そのことは自分自身が1番知っている
宇髄天元
宇髄天元
お前まで巻き込まれる必要はないんだ。生きている奴が勝ちなんだ
そう残して宇髄さんはまたどこかへ行ってしまった
やっぱ宇髄さんも私が弱いことを、ある意味気遣って…
‪私は自分の無能さに拳を震わせる
神月  咲夜
神月 咲夜
ごめんね…こんな奴が柱で
竈門炭治郎
竈門炭治郎
大丈夫。あなたは強いよ
竈門炭治郎
竈門炭治郎
俺より年下なのに柱まで登り詰めたんだよ
嘴平伊之助
嘴平伊之助
そうだぞ元気だせ!!
私は2人の優しさにじんわり胸が暖かくなる
神月  咲夜
神月 咲夜
うん、ごめんね弱音吐いて
パンッと自分の頬を叩く
竈門炭治郎
竈門炭治郎
よし、今夜荻本屋へ行く
私は頷く
神月  咲夜
神月 咲夜
善逸も宇髄さんの奥さんもまだ生きているつもりで宇髄さんは行動している。私達もそのつもりで行動しましょう
それから…と私は付け足す
神月  咲夜
神月 咲夜
相手は恐らく上弦。絶対に死なないでね
私が言っても説得力ないと思うけど、と苦笑いする
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ああ!
嘴平伊之助
嘴平伊之助
おうよ!
私はただならぬ気配を感じながら炭治郎達と別れた

プリ小説オーディオドラマ