無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

魔法についての授業。
(1時限目)
魔法学校先生
魔法学校先生
それでは今から魔法について授業します
魔法学校先生
魔法学校先生
まず初めに、魔法を使うにあたっての注意点をいいます。
魔法学校先生
魔法学校先生
まずは、人に害をあてないこと。
毒などの魔法を持った人達は必要かどうかを見極める必要があります
魔法学校先生
魔法学校先生
少なくとも、人を殺したりしないこと
魔法学校先生
魔法学校先生
次に、つかいすぎないこと
魔法学校先生
魔法学校先生
使いすぎると体にも影響が、でるわ
魔法学校先生
魔法学校先生
使いすぎると、疲労、筋肉痛、肩こりの原因になるわ
魔法学校先生
魔法学校先生
他の魔法学校で、倒れてしまいそのまま命を引き取った子もいたそうだわ
魔法学校先生
魔法学校先生
最後に悪影響を及ぼすような事に使用しないこと
魔法学校先生
魔法学校先生
人を陥れるために魔法をつかう。
殺すためにつかう。
それはいけないこと。
魔法学校先生
魔法学校先生
魔法は世界を平和にするためにつかうの。
魔法学校先生
魔法学校先生
ここまでで質問ある人はいるかしら?
(´・ω・`)シーーン...
魔法学校先生
魔法学校先生
いないわね
魔法学校先生
魔法学校先生
次は魔法について詳しく知っていきましょう
魔法学校先生
魔法学校先生
魔法は様々なジャンルがあるわ
魔法学校先生
魔法学校先生
赤、青、緑、黄色タイプで別れてるわ
魔法学校先生
魔法学校先生
それじゃあわけてみましょう
魔法学校先生
魔法学校先生
右からどんな魔法を使うか教えてください
ころん
ころん
氷の魔法です
魔法学校先生
魔法学校先生
ころんさんは青タイプよ
あなた
あなた
回復の魔法です
魔法学校先生
魔法学校先生
あなたさんは、緑よ
もえ
もえ
星の魔法です
魔法学校先生
魔法学校先生
もえさんは黄色よ
さとみ
さとみ
恋の魔法です
魔法学校先生
魔法学校先生
さとみさんは赤よ
魔法学校先生
魔法学校先生
こんな感じでわかれるわ
魔法学校先生
魔法学校先生
どうやって分けているかは簡単
魔法学校先生
魔法学校先生
星は黄色のイメージでしょ?そんな感じ
魔法学校先生
魔法学校先生
タイプ別でわかれて授業をする時もあるわ
魔法学校先生
魔法学校先生
しっかり覚えておきましょう
授業終了
魔法学校先生
魔法学校先生
終わりですね、ということで皆さんテスト部屋に集まりましょう