無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#3   ジンオッパの声
今回はR18入ってます。


苦手な人はUターンしてください。














私はジンオッパと付き合っている。

今日ジンオッパにお家においでと呼ばれちゃった!

嬉しくてたまらなくて、楽しみだった。

でも、実際お家に着いてみると、、、



ピンポーン
ジン
はーい!
あ!あなた♡中入って〜
you
おじゃまします!
ジン
どうぞどうぞ!
you
すごーい広いね!
ひとりで暮らしてるの?
ジン
うん!そうだよ!
感心しながら部屋を見てると
ジン
そこのソファに座ってて!
今お茶出すから
you
手伝うよ!
ジン
じゃあ一緒にお菓子でも作る?
you
作る!お菓子作れるの??
ジン
まぁ、一応ねw
ワールドワイドハンサムは何でもできないと〜♡
you
さっすが〜!
2人は小さなシフォンケーキを作った。


とっても美味しくてまたジンオッパとお料理したいなって思った。


ケーキも食べ終わって、DVDをふたりで見ることにした
ジン
何見る??
you
これみたい!
って私が手にとったのは、男女の恋愛物語的なもの
ジン
よし!見よう!
って見始めたら、早速濃厚なキスのシーンが出てきた。



私は少し照れながら見ていると
ジン
顔赤いよ?大丈夫?
you
う、うん!大丈夫!
ジン
もしかしてさ、
you
???
ジン
こういうことしたいんでしょ?
you
いや、そんなことは。んっ///
私はジンオッパにキスをされたのだ

しかも、DVDみたいな感じで、、、

そのままお姫様抱っこをされてベットへ落とされた
you
ジン、オッパ??
ジン
今日はめちゃくちゃにしてあげる
you
いやぁっ、んっんぁっ//////
ジンオッパは私にとっても濃厚なキスをするから
ジン
すっごい感じてるね。

そんなに僕のこと好きなんだ
you
感じてなんかっ、ないよっ!
ジン
じゃあなんでここが濡れてるのかな?
って言いながら私の下を触ってくる






同時に服をどんどん脱がしていき、
上の突起をめちゃくちゃに攻められた。
優しくなったかと思えばすぐに激しくなる



でも気持ちよかった
you
んっ、ぁあ!あんっ、んっんっ
ジン
ちょっと。可愛すぎる、反則だよ
あなたが可愛すぎるからお仕置きだよ
ジン
俺のここ勃ってきちゃった。

なおして?
といって、ジンオッパは私にアレを咥えさせた。
ジン
んぁっっ、あなたっ、気持ち、いいよっ
私は少し恥ずかしがりながらも、ジンオッパが気持ちよくなるように
頑張った。やり方もまだ全然わからないくて、、
ジン
あぁっあなたっ、イくっ、全部っ、飲んでねっ
と言い終わった途端口の中にジンオッパの愛液が流れ込んだ。

はじめての味で苦くて甘くて、思ったより美味しかった。
you
ジンオッパ、多いよw
ジン
ごめん、気持ちよかったから、

次はあなたが気持ちよくなる番だよ
you
私は、いい、、んっ
言い終わる前にジンオッパの指が入ってきた
ジン
トロトロだね。

あなたはどこが気持ちいいのかな??
ジン
ここかな?それともここ?
you
あぁっっっ!
ジン
ここかぁ〜
ジンオッパはそう言うとその気持ちいいところばかり攻めてきた
you
いやっ///ジンオッパぁっ!んあっ!ぁんっ
どんどん指の本数も増えてきて、耐えられなくなった私は
もうイく寸前だった







もう少しでイくところでジンオッパの指は抜かれた
と、思いきや今度はジンオッパの大きく膨れ上がったアレが私のアソコにあたった
ジン
ゆっくり入れるね、痛かったら俺の肩噛んでていいから
you
んっ////ふぁっ、
ジン
よし全部入った、動かすね?
体をゆっくり上下に動かしているジンオッパの顔はとてもエロくて、
かっこよくて、余計に私は感じていた
次第にジンオッパの腰は速さを増していく



パンパン、クチュクチュ、ヌチャヌチャ
いやらしい音と2人の吐息が部屋全体に広がる
ジン
あぁっ!んっ!っんぁ!あなたっあいし、てるよ!
you
ぁあっ!私もっ!あいして、るっ!
ジン
やばい、イくっイくっ!中でっ、出すね!
you
中はっ、だめぇっ!
そういったときにはもう遅かった。

ドピュッッッッ!

ジンオッパの愛液は私の中へと入っていく。

ジン
ハァハァハァハァ、気持ちよかったよ。
you
ハァハァハァハァ、うん。
ゆっくり私の中からジンオッパのあれを抜いていく。

どちらの愛液かわからないがたくさん流れ出てきた。
愛のあるこの行動は楽しかった

























本当に愛のある行動だったのか、、、
ジン
💭あー、気持ちよかった
 愛してるよって言えばだれでも落とせる。
 おかげであなたはもう俺の性処理のためだけのもの
 







 






 本当はあなたなんか愛していない。
作者 あーあやっぱり。。
   まんまと騙されてる。





次回予告

次回あなたはジンの愛が自分にないことに気づく!?


お楽しみに✨

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

そくみん
そくみん
# 昔のプリ小説へ 名前変えた もとはH.N.L.☁ ごめんなさいもう更新しません コメントとか来たら答えるくらいはします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る