第37話

.
2,653
2019/10/18 14:53




















そろそろインタビューの話は終わり。

















ここからはドキュメンタリーらしく
話を進めていこうじゃない。































今日、この日は

















約3年ぶりにあなたと9人が会う日。




























記者 ( 私 )
記者 ( 私 )
あれじゃないかしら?




















明洞の駅近くにある穴場のような
公園。そこに立てられた大きな時計。


























その下に、10人は今日、集まった、



































🥀
🥀
私は、…大丈夫、でしょうか、?
記者 ( 私 )
記者 ( 私 )
えぇ、とってもかわいいわ。
大丈夫よあなたさん。
🥀
🥀
そうですよね、!
おっぱが可愛くしてくれたんだもん…!



















仕事の大詰めで生憎兄であるそんじぇは
ここには来られなかった。


















せめても、ということで
洋服を選んで綺麗に髪の毛をセットしてくれたのは
そんじぇなのだとあなたは嬉しそうに話した。






























そしてついに10人が。





















対面した。

プリ小説オーディオドラマ