第32話

.
2,584
2019/09/24 14:05















彼女がグループに入ってちょうど
1年がたった頃だったと思う。














1人のメイクヌナが9人のいる楽屋に入ってきた。
















あなたのメイクをして戻ってきたようだった。
でもどこかいつもと様子が違う、






























り の
り の
ソヨンさん、それ…
そ よ ん
そ よ ん
…あなたさんにっ、やられ、たんです、





















焦げ茶色の瞳からこぼれ落ちたその大粒の涙に
嘘などないと、9人は心の中で信じきってしまった。























まだ彼女は戻ってきていないと言うのに。




















🥀
🥀
おっぱたち見て~!今日の衣装すっ…ごく…
かわ、…いい、え、なに、?
ち ゃ ん び ん
ち ゃ ん び ん
お前これどーゆうこと?
🥀
🥀
え、ちょ、そよんさん!それ、
だいじょうぶですか?!今すぐ手当、
そ よ ん
そ よ ん
きゃっ、…
す ん み ん
す ん み ん
触んないで、あなた。
あなたがやったんでしょ?
い ぇ に
い ぇ に
よくそんなまね出来るね。
僕なら顔も出せないよ、ㅋ
















あなたの頭は真っ白になった。























なんで?どうして?
私がこの傷を作ったの?いつ?

























ち ゃ ん
ち ゃ ん
ちょ、一旦落ち着こうみんな。
う じ ん
う じ ん
とにかく。そよんさんは手当を
してもらってきて。あなた、話そう。
り く す
り く す





















この時、本当にあなたの味方だったのは
他のメイクヌナとスタイリスト、













そしてひょんじんとじそんの2人だけだった。


















🥀
🥀
わたし、やってないよ、!
す ん み ん
す ん み ん
じゃああの傷は何?
じ そ ん
じ そ ん
ちょ、ちょっと待てって、
ひ ょ ん じ ん
ひ ょ ん じ ん
あの人最近来たばっかりだし、
あなたのことは俺らが1番、
ち ゃ ん び ん
ち ゃ ん び ん
何言ってんだよお前ら、
こいつだって元々あとから入ったやつだろ
俺らは初めから9人のはずだった。
最近入ってきたメイクヌナもあとから
割って入ってきたこいつも変わんねぇだろ
う じ ん
う じ ん
…、
り く す
り く す
それはおかしいよヒョン…
手のひら返しすぎだよ、
す ん み ん
す ん み ん
今更どうやってあなたの肩持つの?
り く す
り く す
で、でも…












やったやってないよりも













ほかの何よりも彼女の心を傷つけたのは
そのちゃんびんの言葉だった。



















" あとから入ってきたやつ "
















ずっとそう思われていた、

















その事実が彼女の心に追い打ちをかけた。






























プリ小説オーディオドラマ