無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第86話

86話
流星side
あーあ、疲れた、
え、?
靴あるんやけど
は?え、あなた…?
流星
もしかしてあなたいる、?
まぁいるわけないよね。
あなた

りゅーせいっ!!

流星
…えっ!?
流星
は!?なんでおんの!?
流星
心臓に悪いから、、😭
あなた

ごめんって笑

流星
誰から教えてもらったんよ!?
流星
僕教えてないで!?
あなた

大吾くんから教えてもらった!笑

流星
大ちゃん、、笑
だからあんなにやけてたんや笑
流星
んで、なんかあったん?
あなた

特にないよ笑

流星
え?ないのに来てくれたん?
あなた

うん。

あなた

あと最近流星と一緒にいれてないな〜って思って

流星
ごめんな、一緒におれんくて
流星
あなたは東京引っ越すつもりないん?
あなた

ないしできない。笑

流星
え、なんで?
あなた

いや、マネージャーやってるし。

あなた

風雅くんからせっかく誘ってもらったんやしすぐに辞める訳にはいかんなって思って、

あなたside
私がマネの話をすると流星の顔が不機嫌になる。
はは、可愛いやつやな。笑
流星
ふーん、マネージャーか、
ドンッ
私はベッドに押し倒された
は?
え?
急すぎ、心臓バクバクやで、、
.
続きはいいね来たら出します🕊