無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

72話
流星side
なんだかんだ言って一睡も出来なかった夜。
だめだよね。ちゃんとアイドルしなきゃ。
.
流星
あなた〜おはよう〜!
あなた

おはよう!

流星
早く行かな遅刻するで?笑
あなた

え、そんな遠いの?

流星
遠いって!
流星
早く行かないと!
あなた

まじ!?やば

.
あなた

朝の電車めっちゃ混んでるね〜、

流星
まあな〜こんなもんちゃう?笑
.
僕頑張る。
.
大吾
あ!あなたちゃん!
大吾
どうしたん?見学?
流星
あなた関ジュのマネージャーなるねんてさ
大吾
え、そうなん!?
あなた

はい…笑

あなた

風雅くんに言われて、、

大吾
うわあいつ罪重すぎやろ笑
大吾
そうなんやな!よろしくね!
.
※これから出てくる先生はレッスンの先生です
先生
これからお前たちにマネージャーがつく。
あなた

あなたです。よろしくお願いします…

和也
え!あなたちゃ…
僕は大橋くんに無言の圧を送った。
この関係バレるのは嫌だ。
アイドルの僕とオフの僕との区別をつけときたい。
言ったら気にして集中出来ない、
言いたいけど…
.
.
続きはいいね来たら出します✊🏻