無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

97話
流星side
流星
あなた〜
あれ、寝てる
起きてると思ったのにい
流星
あなた〜寝ちゃったんー?
流星
え、それ僕の服。笑
流星
ふっ、可愛い、
流星
よいしょっと。
僕はあなたの上に跨いだ。
あなた

ん…りゅーせ…、?

流星
そう、流星だよ。
あなた

…ん!?なんで跨ってんの!?

流星
えーそんな服着てるもん
あなた

えっ、これは…ねぇ?笑

流星
なに?
あなた

見ちゃった…

流星
えー!見たん!?
流星
泣いた跡もあるで?泣いたん?
あなた

ダメだよね…こんなんで泣いてたら。

あなた

ごめん流星。お風呂入ってくる。

そう言って立ち去るあなたの腕を引っ張った。
流星
何がダメなん?
.
なんと最悪な中間テストが迫ってきました。笑
中間まであと3週間。
言いたい事 → 低浮上になります
作品の更新も土日にしようかなって思ってます。
テスト終わるまでは!
ご報告でした。
続きはいいね来たら出します🩰