無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

94話
あなたside
流星
お風呂上がったで〜、?
あなた

あ、来た。

あなた

流星。チューして

流星
え?笑
流星
あなた今日めっちゃ甘々さんやん笑
流星
ええよ
流星はそう言い私の頬に流星の唇が触れた。
流星
なに?なんかあったん?
あなた

なんもないもーん

流星
じゃあなんでお風呂入らせたん?
あなた

あなた

流星がそのドラマの女優さんと2人でいるってなって流星がその人に染まってたら嫌やもん、

流星
可愛いなぁほんまに
あなた

こっち見ないで!!!

流星
ははは笑笑
流星
嫉妬したんやろ?
あなた

して…な……い、

流星
え、してないん?
流星
素直になれば?
流星
してるんやろ?
あなた

するに決まってんじゃん…

あなた

大吾くんが流星とその女優のやつと距離近かったって言うんやもん…

流星
それは…ごめん、
流星
○○さんが近寄ってくるから、
流星
じゃあ俺をあなたに染めてよ。
あなた

え?

流星
行くで。
流星は私をお姫様抱っこした
あなた

ちょ下ろしてよ!?

流星
軽っ…ちゃんとご飯食べてるん?
流星
俺でも持ち上げられるで、
流星は私の言う事も聞かず私を下ろした
流星
はい。染めてよ。
…その後はご想像にお任せします。笑
.
続きはいいね来たら出します🍎