無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

19話
流星side
なんかあなたおかしかった気がするんだよな〜…笑
僕なんか迷惑かけちゃったかな?
元気ではあったけどいつものあなたじゃなかった
僕の勘違い?
一応聞いてみるか。
______________________
あなたside
流星
あなたの家来ちゃった…
流星
大丈夫かな…
あなた

ん?流星何しとるん?

流星
っえ!
あなた

窓見たら流星おったんやけど…

流星
いや…それは、
流星
ちょっと…聞きたいことが…
え、バレた?
流星にはバレないと思ってたのに
えーこれ言っていいのかな
1部の女子に最近目付けられてるって言う話
その女子って学校でもかなり有名でまじ怖いの
あなた

あーとりあえず入って

流星
ありがとう!
______________________
あなた

んで、話ってなに?

流星
僕の勘違いかもしれないけどさ、
流星
あなたなんか隠してるでしょ?
あーやっぱそうだ
流星に心配かけたくないし隠し通す。
"この隠し通す思いが流星を困らせてしまった"
______________________
"作者"
学校が本格的に始まったため更新頻度が下がると思います…(自分なりに早くあげれるように頑張ります!)
続きはいいね来たら出します💖