無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

74話
流星side
ほんとによく見てるよね、
すぐ異変に気づく。
メンバーは特に、笑
流星
いえい!もつ鍋めっちゃ久々やねんけど!
丈一郎
そうなん?笑
丈一郎
今日は奢ったる笑
流星
ありがとう笑
丈一郎
んでさ〜流星絶対なんかあったやろ?
丈一郎
俺もう分かっとるで?笑
丈一郎
いや、なにわのメンバー全員分かってると思う笑
流星
みんなめっちゃ見とるんやな笑
流星
まぁ、、秘密!
丈一郎
なんでなん!?笑
流星
そんなん言わんくても分かるやろー?
丈一郎
まあな笑
丈一郎
引き止めればよかったやん
流星
そんな引き止められるわけないやん。笑
丈一郎
流星は優しすぎるねんって
丈一郎
素直に言ったらええやん。嫌だって
流星
そんなん弱いって思われるやん〜、
丈一郎
そんなん思うからあかんねんって
丈一郎
たまには自分の意見を言う事も大事やで
なんだかんだ言って丈くんはいつも話を聞いてくれる
言ってみるのもありなんかなぁ、
.
.
続きはいいね来たら出します!