無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32話
あなたside
気づけば東京に行ってから2週間が経った。
もちろん流星には会ってない。
ていうかもうすぐ夏休みー!!
はっぴーさまーばけーしょん!((
あ、そして浮所くんとねめっちゃ仲良くなったの
ほんとにフレンドリーで良き👌🏻💖
あなた

浮所くーん!

飛貴
いつになったら下の名前で呼んでくれるの…
飛貴
なに〜?
あなた

今度遊びに行かへん?

飛貴
まじで!?行きたい!
飛貴
俺東京にあるいい場所知ってるよ!
あなた

ほんとに!?行きたい〜!

あなた

夏休みとか行ける?

飛貴
行ける!行こ!
______________________
月日は経ち夏休みになり遊ぶ日になりました
(月日経ちすぎだけど許してちょ)
あなた

(楽しみやなぁ)

飛貴
あなたちゃーん!
あなた

あ!浮所くん!

あなた

かっこいいやん〜✌🏻

飛貴
いやいやあなたちゃん可愛い!
飛貴
じゃあ行こっか!
.
.
.
.
(時間経ってお別れのお時間)
あなた

今日はありがとう〜!

飛貴
こちらこそ!また遊ぼうな!
あなた

うん!じゃあ!

______________________
あなた

帰り道1人って寂しいよなぁやっぱり

あなた

そういば前流星と電車タピオカ飲みに行ったな〜懐かしい、

あなた

今元気にしてるかな?

______________________
夏休みが終わり新しい学期が始まった
とてもとても憂鬱
教室に着いてしまった…
あなた

はぁ〜学校嫌だなぁ

飛貴
あなたちゃんめっちゃ嫌そうな顔しとる笑
飛貴
そんなに嫌なの?笑
あなた

だってめんどいやーん笑

あなた

あ、チャイムなるで

飛貴
ほんとだ
飛貴
じゃあ〜
学校が終わり下校時間
浮所くんとは家が真反対だからいつも帰りは1人。
あなた

あーあ疲れたぁ、

あなた

…ん?

______________________
今日あと1個出せるか出せないかです😶(多分出す)
続きはいいね来たら出します🥰