無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第109話

109話
流星side
あなたとのラブラブ生活をしてた時。
僕とあなたも気づけば24歳。
マネにもあなたとあまり関わるなって言われてるし。
あなたと離れる日が来るんやろうなって思ってた。
それが今日だったんかもしれない。
.
流星へ

流星も知ってるかもしれないけど私さ、流
星と別れてってマネににずっと言われてて。一緒に
いたかったからこの事言ったら離れちゃうやんって。
まぁ離れなきゃいけないのは私も分かってたから
まえにも私は流星から離れました。
でも流星は必死で私の事探してくれた。
あの時の事覚えてる?笑
りゅせはほんとに優しくて、私の大好きな人。
がんばり屋さんで努力家の流星。どんな
ときも私のために色んな事してくれて
うれしかったよ。ありがとう。愛してます。

あなたより
.
ついにこの日が来てしまったらしい。
探したい。でも探さないのがあなたのためなのかな。
僕は必死に悩み続けた。
.
next ♡×10