無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

38話
あなたside
テストから解放されて5時間が経った
と共に雨に打たれて4時間が経った
ちょっとダルいとか思ってる
また言ったら流星心配しちゃうもんな〜
あなた

流星〜

流星
なにー?
あなた

ちょっともう眠いから今日寝るわ

流星
え、ご飯は?
あなた

今日はいらない

流星
そっか、
流星
おやすみ
あなた

おやすみ…

なんとか寝れる…
.
部屋に入って即ベッドにダイブした。
あなた

あかんしんど…

あなた

頭も痛いし…

あなた

薬飲んでくればよかった…

とか考えてたらいつの間にか眠っていた
あなた

うわ寝てた〜、

やっと起きた私
あなた

え、朝まで寝てたんだ…

あなた

なんか昨日よりしんどい気がする…

.
流星
あなたー!
流星
朝やでー!
あなた

そっか流星はこの事知らないんだ

あなた

流星…おはよ…

流星
あなたおは…ん?
流星
めっちゃほっぺ赤いけど
流星
ちょっと首触るで?
私の首に冷たい流星の手
あなた

わっ…冷た…

流星
あなためっちゃ熱いやん…
流星
もう…ベッド行くで
そう言い強制的にベッドに行かされた
流星
いつからしんどいん?
あなた

昨日から…

流星
え?昨日?
あなた

コクッ

流星
なんで言ってくれんかったん〜
流星
だから昨日すぐ寝たんか、
流星
ちょっと待ってて
流星は体温計と冷えピタと薬と水を持ってきた
流星
おでこ貼るで?いい?
あなた

いいよ…

あなた

冷たっ!

流星
ごめん…
流星
薬飲める?
あなた

飲めへん…

流星
えー飲まないと…
流星
うーんこれしていいんかな…
流星
あなたベッドの上座れる?
あなた

うん…

流星
口渡しするわ
あなた

え!?

流星
その時だけめっちゃ大きい声出すのやめて笑
流星
だって薬飲めんのやろ?
そう言い流星は薬と水を口に含んだ
そうするとあなたの口に強制的に薬と水を入れた
流星
ふぅ…飲めた?
あなた

飲めた…

流星
よかった
流星は笑顔であなたの頭を撫でる
流星
じゃあしばらく寝とき!
流星
おやすみ、
______________________
続きはいいね来たら出します👊🏻💖