無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27話
流星side
恭平
流星くん、
流星
ん、?恭平どうしたん?
恭平
あなたちゃん…あなたちゃんまだ目覚まさないんですか?
流星
うん…もう1週間やな、早いわぁ…
恭平
あなたちゃんってほんとにいい子やのになんでこんな目に…
流星
そうやな、僕がちゃんと見とけばな…
流星
恭平悪いけど僕の家行って服何着か持ってきてくれへん?
恭平
了解っす
______
気づけば学校にもしばらく行っていない
そもそも学校に行ってもあなたの事で集中出来ない
やっぱりあなたの事が好きなんだ…
あの時嫌いとか思ってごめんね…
______
駿佑
ふう…疲れた…あなたちゃん!
あ、みっちー来た…
気まずいなぁ…かなり気まずい
流星
みっちー…
駿佑
あなたちゃんは!?まだなんか…
流星
みっちー…
駿佑
流星くん。
駿佑
あの時はほんとにごめんなさい。
流星
え?
駿佑
ほんとにあの時あなたちゃんが心配でなんかもう自分でも訳分からんくなっちゃって…
流星
みっちー泣かんとってや…
流星
大丈夫やって。みっちーは悪くないで
流星
僕も気をつけるわ、
駿佑
はい、あなたちゃんになんかあったらいってください!
流星
うん!
___________
この1週間ちょいメンバーにはほんとに助かった。
特に大橋くん。
大橋くんめっちゃ話聞いてくれて嬉しかった
ありがとう。
早くあなた目覚まして欲しいな。
______________________
あなたちゃん中々目覚まさなくてごめんなさい〜!
次回覚めると思われます!
この話終わりが見えないんですけど大丈夫そ?
終わったとしたら次どうしようか…笑
また考えときます!
(皆さんのコメントでの案も募集してます👍🏻)
続きはいいね来たら出します💕