無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

80話
流星side
あなたが居なくなった後謙杜が来てくれた。
流星
謙杜来てくれたんやな!ありがとう!
謙杜
心配やったんで、、
謙杜
流星くん倒れる前からいつもと違っかった気がするんですけどなんかありました?
流星
大丈夫やで。笑
流星
ちょっとあの日は調子悪かっただけ、
.
謙杜side
流星くんっていつも笑顔だよなあ、
僕やったら確実に拗ねてるもん(?)
プロって感じがします!笑
やから僕が流星くんを支えてあげないと!
ていうか調子が悪かったってなんでやろ?
流星くんそういうのあんまりないのに…
珍しい。
いやこれはなんかあったぞ、
絶対あなたちゃんの事だ。
流星くんああ見えて嫉妬深いもんね。笑
.
このプリ小説書き始めて3ヶ月経ちました!
色んな方がいいね、お気に入りして下さり
ほんとに嬉しいです🥺💖
これからもよろしくお願いします🙇🏻‍♀️
続きはいいね来たら出します!