無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

52話
流星side
あなたいい化粧水探しててくれてたんや…
ほんとに優しすぎん?
元気そうでよかった、
.
あなた

あ!あった!これ!

流星
これいいん?
あなた

いいらしいで〜

あなた

うわ高い…笑

流星
ほんまや、笑
あなた

まぁいいや!買ってあげる!

流星
なんで!?僕買うって!
あなた

もうすぐ誕生日やろ?

流星
もうすぐ…まぁね笑
あなた

早めの誕プレって言うことで✌🏻

流星
ありがとう…!
誕プレって…あなたお金大丈夫かな?
.
そんなことしてる間にもう夜になっていた
流星
うわぁもう夜やん…
流星
ごめんこんな時間まで付き合わせちゃって
あなた

いやいや!久しぶりに会えて良かったよ!

流星
また会お…?
流星
ほんとに最近忙しいしなんか全然そんな余裕ないけど…笑
流星
また会える日まで!
あなた

そうだね…

あなた

流星…

流星
ん?
流星
えっ
え…えっあなたがハグしてきた…
普段してこないのに…
あなた

離れたくない…

流星
そんなこと言わんとって…
流星
僕も離れたくないよ、
流星
絶対有名になるからね!
流星
それまでアイドルの流星として応援してくれる?
あなた

もちろん…!

あなた

また会おうね…

あなた

じゃあ…

流星
うん…じゃあ…
僕に背中を向けてあなたは家に帰って行く
その背中は本当に悲しくて後ろから抱きしめたかった
あなた。絶対幸せにしてあげるから
だけど今日少し引っかかってる事があるんだよね、
流星以外の男とは連絡先交換しない!
って言ってたあなたがひだちゃんと交換してた事
聞いてみるか、
※メールの画面
流星
ひだちゃんー
流星
ちょっと聞きたいことあるねんけど
飛貴
なに〜?
流星
あなたと連絡先交換してる?
______________________
続きはいいね来たら出します🥂