無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

92話
流星side
変なやつに絡まれたかもしれない。
流星
あの、僕もう帰らないと、
ヒロイン役の子:えーー、もうちょっと話しましょ!
流星
いやごめんなさい…
ヒロイン役の子:なんで?
流星
この後用事あるんで…
ヒロイン役の子:え、もしかして彼女?
流星
違います。
彼女いるなんて言ったら何が起こるか分からない。
いやこの子やばそうな子やなぁ、
流星
あの、距離近くないですか?
流星
離れてください…
ヒロイン役の子:やだあああ
ヒロイン役の子:流星くんとずっと居たいもん
流星
うっ…ごめんちょっと電話、
ヒロイン役の子:誰からー?
流星
僕の友達から
ヒロイン役の子:ふーん、すぐ帰ってきてね?
流星
わかった、、
.
電話の相手はあなただった
あなた

ちょっと流星遅くない?

あなた

なんかあったん?

流星
あなた、大ちゃんに車で□□に来てって言って
流星
ちょっとやばいやつに絡まれた、
あなた

誰!?

流星
一緒に共演した女、
あなた

え、、あ、うん分かった大吾くん呼ぶね、

.
LINE画面
あなた

大吾くん!!!!!!

.
最近長くなりがち🙂
続きはいいね来たら出します🦖