無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第102話

102話
あなたside
あなた

もう流星さすがやん、笑

あなた

流星には嘘つけんかった…笑

あなた

来た、、

流星
やっぱり…早く言ってよお
流星
お腹痛いやろ?薬は?飲んだ?
あなた

なかってん、

流星
嘘!買いに行ってくるわ!
あなた

え、いいって!

流星
だめ!買いに行く!
.
流星side
明らかにあなたの様子がおかしかった、
顔色悪すぎやで?
もっと頼って欲しいな…なんて。笑
あなた僕になんも言ってくれんもん…笑
いや、今それは関係ない。
流星。ドラッグストアへ行ってくる。
.
ごめんなさい。ストーリー迷走中です
なんかいい案とかこんなん見たいとかあったら
言ってください〜
続きはいいね来たら出します