無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

70話
あなたside
流星帰ってくるの遅いい…
そういえば遅いって言ってたな、
流星に言わんといけんもんな、、
眠いい…
.
そのまま私は寝てしまった、笑
流星
ただいまぁ〜
流星
え、電気ついてるし
流星
あなた起きてんの〜?
流星
寝てるし、笑
あなた

ん…

あなた

あ、流星…

流星
え、ごめん起こしちゃった…
あなた

大丈夫大丈夫、

あなた

流星待っとったから、笑

流星
先寝といて良かったのにい、笑
流星
なんかあったん?
あなた

ちょっと話したい事あって、

流星
え、なになに〜怖いねんけど笑
あなた

怖い話しちゃうから笑

流星
よし。
流星
んで、話ってなに?
あなた

今日な、スーパー言ったら大西風雅くんに話しかけられてん。

流星
え?
流星
あれ風雅とあなた仲良かったん!?
あなた

いや、風雅くんが急に話しかけてきて、

流星
風雅なにやってんねん、笑笑
あなた

それで、風雅くんに関ジュのマネージャーにならん?って言われてんよ、

流星
…は?
.
.
キリ悪くてごめんなさい🙇🏻‍♀️
続きはいいね来たら出します✊🏻💖