無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

77話
流星side
あまりミスはしない方の僕が間違えまくった
あなたにガン見されてた
ああもう僕がいつも間違える人みたいやん、
最悪…
ー 流星宅 ー
流星
はぁ、
流星
足引っ張ったらいけないもんね、
流星
練習しんと、
そこからぶっ通しで約6時間練習しまくった。
もう外は22時。
あなたはマネと会議とかなんとか
僕は時間なんか気にしずひたすら練習しまくった
こんな僕なのに対して自分でイラついた。
流星
はぁはぁはぁ…
バタッ
ー 30分後 ー
あなた

流星ただいまぁー

あなた

りゅーせー?

あなた

あれおらんのや

あなた

え、

あなた

流星!?

.
お気に入り100ありがとうございます🥺💖
続きはいいね来たら出します💭