無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

103話
流星side
僕は慌てて薬を買いに行った。
.
流星
あなた遅くなってごめん!!
あなた

ん…

流星
しんどかったよな、
流星
飲める?
あなた

飲めるよ、多分…笑

流星
飲めるんか〜成長したな笑
あなた

えっ?

流星
数年前のあなた薬も飲めんかったん覚えてへんの?笑
あなた

ああ…笑

流星
あ、ごめん。笑
流星
寝る?
あなた

うーん、流星と一緒にいたいな

流星
ふふっ可愛い奴やな〜ほんまに
あなた

恥ずかしいからやめて…笑

このカップルイチャつきすぎでは?笑
あの時はあんな事になるとは思ってもなかった
.
最近伸び悪くて萎えてるとか言ってみる(黙)
続きはいいね来たら出します!