無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

108話
流星side
※メール画面
流星
無駄に仲良いアピールしてもあれちゃう?
流星
ファンの子達やったら多分気づくと思う、
飛貴
たしかに
飛貴
普通に過ごすので大丈夫か。笑
流星
多分ね、笑
流星
でも!あなたに会うのはやめてよ!?
飛貴
なんで!?笑笑
流星
僕のあなたやもん!
飛貴
はいはい笑
飛貴:りゅーちゃんって意外と独占欲強いよね〜笑
.
あ、あなた寝てるやん、
あなた

流星なにしてたん…?

流星
あ、起きてたん?
起きててれたんかな〜、
流星
友達と話してただけだよ〜
あなた

そっか、、

あかん、可愛すぎる…
あなた

一緒に寝よ…?

流星
ええよ
可愛すぎる…
平常心を保つのに精一杯だよ…
そして僕はベッドに入った
あなた

えっ?

流星
あなた、可愛すぎんねん、
あなた

りゅーせーの方が可愛いよ、

流星
ん?今なんて言ったの?
あなた

え、なんもないです…

流星
ふふっ笑
流星
かわいっ
流星
おやすみ
あなたの頬に軽く唇が触れた。
.
お、終わりが見えない…笑
next ♡×10