無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第88話

88話
流星side
部屋に戻るのが気まずい、
なんであんな事言ってしまったんやろ、
.
と思いながらも部屋に戻るとあなたは寝ていた
その横で僕は寝た。
ていうか明日は1日オフだ。なにをしよう。笑
~ 朝 ~
朝起きるとあなたはいなかった
流星
え、?あなた?
ガチャッ
あなた

あ、流星おはよ〜

あなた

朝ご飯買ってたで!

流星
え、ありがとう…
流星
食べてもいい、?
あなた

うん!いいよ〜私も食べよっと

流星
いただきます、、!
あなた

いただきますー

あなた

流星?

流星
…ん?
あなた

昨日の流星かっこよかったで

流星
えっ、
初めてあなたからかっこいいって言われた日
嬉しかった、笑
流星
え、ほんとに、?
流星
てか恥ずかしいからやめてよ…笑
あなた

笑笑

あなた

めっちゃ耳赤くなってんで〜、笑

流星
もう!笑
. (色んな事を話していると、)
流星
今日オフやねん
流星
どっか行かへん?
あなた

いいの?

あなた

ゆっくり休んでた方がいいんちゃうん?

流星
あ、お家デートならぬホテルデートでもいいよ?笑
あなた

なにそれ笑

あなた

流星が疲れないんやったらいいよ

.
今日あと1回出せると思います!
続きはいいね来たら出します( ¨̮ )