無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22話
流星side
気づけばあなたと1週間も話してない。
もうあなたは僕の事どうでもいいのかな?
ほんとに何考えてるかわかんないんだけど
もうあなたなんて、
嫌いだよ…
でも心の片隅でまだあなたのことを忘れられない
______________________
あなたside
あなた

あ、恭平〜!

恭平
あなたちゃん!
恭平
じゃあ行こっか!
あなた

うん!

(恭平とのデートはご想像にお任せします)
恭平との初のデートが終わり
恭平
今日ほんとにありがとな!
あなた

いえいえこちらこそ!

あなた

楽しかった!

あなた

じゃあまた学校で!

恭平
うん!バイバイ〜
______________________
あなた

今日いっぱい買ったな、笑

あなた

まあ楽しかったからOKかな笑

ん…?
あなた

え、あれ…流星…?

流星
ん?
流星
あ…
流星
流星
な、なにしとったん…
あなた

別に流星には関係ないよ、

あなた

じゃあ、

流星
ちょっと待ってよ
流星があなたの腕を引っ張る
あなた

ちょっとなに、やめてって

流星
あなたなに考えてるん?
あなた

え?

流星
僕以外の男と遊んだりさ、ほんとにあなたがしたいことが分からんのやけど
あなた

いいじゃん遊んだって、

流星
恭平と遊んだんやろ?
あなた

違うし、

流星
嘘つくなよ
あなた

嘘ついてないから

流星
じゃあそれなに
そこにあったのは恭平からの謎の手紙だった
流星
嘘つくならもっとちゃんと嘘つきなよ
あなた

だからさ他の男と遊んで何が悪いんって、

流星
あなたなんも僕の気持ち分かってないんだね、
流星
どんだけ心配してると思ってんの?
あなた

え?

流星
もうなんもわかってくれへんやん!苦笑
流星
他の男と遊ぶなよ、
あなた

もう…笑

あなた

流星はほんとに可愛いんだから、

あなた

なんもされないから大丈夫よ

流星
は、?可愛くないし…
あなた

じゃあ帰るね〜バイバイ〜

流星
え、ちょ、
ほんっとにあなたは何がしたいのか…
久々に喋ったな、
 また喋りたいな。なんて笑
______________________
関係復活か…?
続きはいいね来たら出します︎︎︎✌︎︎❤︎︎︎