無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第100話

100話
あなたside
流星と過ごす朝を迎えたのはいつぶりなのか。
寝起きの流星は私にか見せない顔でさ、
ずっと一緒にいたいなって。
まぁ今日の私には朝そんな余裕はなく、笑
来てしまいました。レディースデイ。
寝起きとか言ってたけど流星はまだ寝ております。
痛みで起きました。薬を飲もうと思ってね。
起こさないように、
でも流星は起きた。
流星
ん〜…あなた…?どこ行くの…?
あああ可愛い…可愛すぎる…🤦🏻‍♀️((
あなた

ちょっとお茶飲んでくるね、

流星
そっか…
自分嘘つくの下手かて。
もっと上手に誤魔化せばよかった笑
.
続きはいいねきたら出します🥣