無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
流星side
あーーもう僕何してるんやろおおお…
あなたちゃんを門限ギリギリまで遊ばせちゃった…
電車早く乗らんと…混んでないといいな、
______________________
あなた

なんか焦らせちゃってほんとにごめんな笑

流星
いやいや、僕がほんとに悪かっ…
流星
うわぁ…
あなた

ん?

流星
めっちゃ混んでるやん…
あなた

ほんまや…

流星
どうしよう…
あなた

もう乗るしかないよな〜…

流星
え、でも大丈夫?
あなた

なにが?

流星
なんか人混みとか大丈夫かな〜って
あなた

あ、人混みは全然大丈夫!

あなた

早く乗ろ!

流星
う、うん!
電車に乗りました。
流星
やっぱ混んでるな〜、
あなた

うん、

流星
あなたちゃん大丈夫?
あなた

大丈夫よ、笑

流星
(怪我しないように僕が守らんと。)
って思った瞬間に電車が一気に揺れる
あなた

きゃっ!

流星
大丈夫っ!?
______________________
ん?私今どういう状況?
流星くんとハグしてるみたいやん今これ…
なにこれ…やばすぎるでしょーー!
(言いたい事→流星の胸元にあなたの顔があるという
謎の状況(謎ではないか?笑))
______________________
流星
大丈夫?怪我してない?
あなた

う、うん、怪我してない……多分

流星
そっかそっか後で怪我してないか見よな。
流星
もうすぐで降りれると思うから
電車降りました🚃
流星
どう!?大丈夫!?
流星
ほんとにごめんな…
あなた

いやいや全然!めっちゃ19時遅れちゃったけど…

門限遅れてもいいので流星くんと一緒にいたいです。(大西流星担の願い。)                                by作者
流星
僕も謝り行った方がいいよな…
あなた

いや大丈夫よ笑

流星
ほんとに?ほんとなんか巻き込ませてごめんな…
あなた

そんなに謝らんくて大丈夫やから!
あ、家の前着いt…

ギュッ
流星
ねぇあなたちゃん?
あなた

…え!?

流星
流星の事…嫌い?
あなた

え、嫌い…じゃ、ないよ…?

流星
ほんとに?
流星
良かった。
チュッ
流星
ほんとに今日疲れたよな?
ごめんな僕のせいで、調子乗りすぎたよな。
あなた

え、え、い、いや、だ、大丈夫…

あなた

私も楽しかったよ、!

流星
ふふ笑可愛いなぁ笑
流星
ここ家だよね?
あなた

うん、!

流星
じゃあ僕帰るね。
また明日会えたら
あなた

うん、!バイバイ、!

______________________
不意打ちの"可愛いなぁ"は反則だと思いまーす
続きはいいねきたらだします︎︎︎✌︎︎❤︎︎︎