プリ小説

第4話

肩ズン事件_🌸
ガタンゴトン~

電車に揺られ、眠気と戦う日々。

もちろん朝の電車の中で寝るのは

毎日の恒例行事になった。


そして、今日も寝る気満々!!

電車が来て、座ってスマホを少しし、

そろそろ眠くなってきて

寝ようとした瞬間、
???
ストン))←座る音

隣に男子高校生が座った。

鞄が少し汚れているため、

同じ高一ではないとすぐ確信した。
男子高校生((1
ガサガサ))←物を取り出す音
あなた

スースー

私は完璧に寝てしまった。


いろんな幸せな夢を見ていると
アナウンス
次は~姪の原駅~
あなた

ふぁ~))←あくび

姪の原駅に付きそうになると

一緒に通学している友達に

起こしてもらっている。

姪の原駅は、私が通う学校の最寄り駅。

といっても、

ここから10分くらい自転車。
あなた

((え...))


目を覚ました時には隣の男子高校生の肩に

私の頭が乗っていた...
↑こんな感じの毎員電車Ver.
あなた

((やべっ))

すぐさま頭を起こし、
あなた

すいません

ぺこりと頭を下げて謝った


恋愛経験0の私にとって、

肩ズンをしたという嬉しさと

肩ズンをしてしまったという申し訳なさが

交わり、複雑な気持ちになった。



してしまった男子高校生は

音楽を聞いていた為、

私の言葉は聞こえていなかったと思う。


私は平静を装いながらも

本当は心臓が破裂するくらい

ドクドクと心拍数が上がっている。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちょこれーと🍫
ちょこれーと🍫
亀更新です🐢 じゃにをたこうこういちねんせい たまちゃんかみ、((永遠の神 いがりくんがちこい、((同担拒否ってます なぁくんきてる、(( ふぅまくんさいこう、(( こーじくんひかれてる、(( むろくんあかがみらぶ、(( じんくんちゃらいのすき、(( (.Kis-My-Ft2 (.HiHi Jets (.Sexy Zone (.Prince ((King & Prince (.関ジュ