無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

171
2020/08/08

第5話

#3
七原あなた
…セーブとスタート…?
私は手紙に書いてあったものを


何回も読みなおした


どうやらこの『セーブとスタート』というのは


このゲームでかなりの強能力と考えた


正直このゲームが本当にありえることなのか


私は疑うが、正直に言うと信じなければならない
七原あなた
…リスト
私はそう唱えると


目の前にこのゲーム参加者の名前が並んだ


リストが現れた


これもどうやらどうやったのかは知らないが


このゲームの特徴らしい


初期機能というやつだ
七原あなた
…セーブ
私はそう唱えて部屋から


出るであろうドアノブに手をかけた


そして部屋から出て


私は1本の廊下を歩いて目的地へと向かった──