無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
585
2020/05/24

第2話

弐・記憶
ママ
私は、邪魔なの?
(なまえ)
あなた
ママ.......お腹空いた
お母さん
うるさいね、黙って
(なまえ)
あなた
.......お腹空いたの…
お母さん
うるさい!邪魔だから灰を売ってきな!
(なまえ)
あなた
...でも、今夜中だし…
お母さん
そんなの関係ない!行ってきな!
(なまえ)
あなた
.......はい
誰も私を必要としない
(なまえ)
あなた
私、何してんだろ
グゥゥゥ
(なまえ)
あなた
はぁ、お腹空いたなぁ...
ここ数日ろくに食べていない
空腹と寒さで立っていられなくなり、その場にぺタリと座り込んだ
(なまえ)
あなた
うぅ…
走馬灯を見た
でも幸せな記憶は一つも無く、私はそのまま座り込んでいた
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
.......こんな所で何をしている?
(なまえ)
あなた
っ!
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
何があった?
その赤い目に促される様に、私は自分の事を話した
鬼舞辻無惨
鬼舞辻無惨
.......そうか、では—————
                    〝私がパパに成ろう〟
それが、全ての始まりだった