無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第120話

じみんちゃんの彼女ができるまで、4

ごめんさい、

さきにじみんちゃん片付けちゃいますね♡


___


あのスタッフさんの名前聞くの忘れてた、




🐥あ、名前ってなんですか?



🌻あなたです!


🐥あなた…



あなたと名前同じなんだ笑







🌻わたし、レドベルのあなたペンで笑




🌻名前同じで嬉しいんです!



🐥あ~、俺もあなたペン、笑




🐥あなた、可愛いもんね




🌻はい!わたし、いつかあなたちゃんと仲良くしたいって思ってて





🐥じゃあ、今日の夜空いてる?



🐥ご飯たべよう




🌻?はい。




___



🐥あなたちゃん何食べる?


🌻あ、あ、あの、じみんさんってなんでわたしを食事に誘ったんですか?




🐥あ、あなたに似てるから、なんてのは嘘で…






🐥なんかね、仲良くなりたいって思ったから



🌻…あ、そうですか




え、なんで落ち込んでんの?不味い事言ったかな…


🌻あの、わたし、じみんさんのこと正直いって嫌いだったんです。


🐥え


🌻だって、あなたちゃんの元カレだし、



🌻わたしとあなたちゃん同じ名前だから誘ってんのかなって思ったんですけど、なんか違うみたいで笑



🌻よかったら、同じあなたペンで仲良くしましょう!



🐥そだね、付き合お?


🌻え…



🌻お、同じあなたペンとして…はい!!


やっぱりあなたには感謝してもしきれない。


次はあなたちゃんにも、あなたにも迷惑かけないように、付き合おう。