無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30

jmside




でーと。って思ってくれてたかな。



あなた って呼んだ時.少し顔が赤くなって、可愛かったな.




あぁ、これが“ 好き ”なんだな。ってわかった。





🐰あの.ひょん って あなたちゃん のこと好きですよね?





...そっか、ぐく も好きなんだよな。しかも、俺は後から好きになってる。




こんな ひょん は最低かな。




🐥......




🐰別に、好きなら好きって言ってくれた方がいいんですけど。
🐥あぁ。好きだよ。ごめんな。




🐰なんで謝るんですか笑 別にひょん は悪いことしてないですよね?笑




うおおおおおお、なんていい子だ!←







🐰お互い恨みっこ無しで頑張りましょう。



🐥あ、うん。




なんか、ほんとに悪いことしてるみたいだ。




🐥じょんぐが。



🐰?




🐥あなた...ちゃん、は、好きな人いるみたい。




🐰...そうなんですか!教えてくれてありがとうございます!










































言わなきゃよかったかな。どうしよう、浮かれてた。何も考えないで行動してた。
🍍🍍🍍🍍🍍🍍

いや、なんかこれ私の気持ちが暗い時に書いてるから暗くなってるね笑

よろぶん。聞いてください。

🐤=물.🐤(さくしゃ)

🐞=まいちんぐ

今日、私立の合格発表だったんです。それで、合格発表終わったあと、事件は起こったんです←←


🐞 🐤!どうだった?


🐤ん?受かってたよ笑


🐞ふ~ん。何点?


🐤 〇〇〇点ぐらいだよ。(←自主規制)



🐞へ~!そんな低くても入れるんだ!



🐤...は?←
ってことがあったんですが(^^)

いや、お前は何点取ってんだよって話ですよね←←←
てか、県立やばいです