無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第104話

96


🐰side


あ、ゆんぎひょんでてきた!



🐰ゆんぎひょん!



🐭あ、お前今度ヤンコチ。



🐰えぇ…



🐭あなたも。



🐰まじですか!!!ならいいです!!!



🐭は、( ˙-˙ )



🐰それより、あなたちゃんどうしました?




🐭今じみんと話してると思う。







🐭お前はここでまってな笑




いや、なんかゆんぎひょんにやにやしてて気持ち悪い←




🐰いや、でも俺が帰った方いいですよね、



🐭なんでさ、



🐰いや、だって邪魔になりますよね?




🐭お前いなきゃ意味ないの、だからいなって、




🐰???
ちょっとこんな夜中に1人で外で待ってろっていうのかよこのひょんは(白目)

___

たぶん今日もたくさん更新しますす()


あともう1つぐらいたくさん更新してほしい小説とかあったらコメ欄にお願いします((