無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

35


Jmside


...なんだっけ、 あじゅんちゃん? なんか、僕の苦手なタイプ笑



わ - じょんぐく あなたちゃんの隣で...一緒に...ばいば - いって言ってる...羨まし...

僕も...言いたかった...




🍒じみんさんっ! お疲れ様でした!



うお、早速来たのかよ😇



🐥お疲れ様でした!




僕は あなた と話したんだよね😇


それでね、話しかけようかと思ったら、あなた 、ぐが と楽しそうに話してるし...


僕も入りたい...って思ったら あじゅんちゃん いるし...





もう!どうしたらいいんだよ!








🍎...おっぱ?(こそっ




うお、天使登場←←←




🐥ん?




🍎あじゅんさん 。どう思いますか?(こそこそ




🐥...あ - 。あじゅんちゃん ちょっと苦手なたいぷかも笑笑




🍎...ほっ。




🐥どうしたの?




🍎あ、いや。もし、 おっぱ のたいぷ だったらどうしようって思って笑





🐥大丈夫だよ笑 僕のたいぷ あなた だから(にこ




ここで、さりげなぁく、告白しましたぱく じみん です😇


🌷🌷🌷🌷🌷🌷

ねねねね、どうしよどうしよう。お気に入りのところに、わたしの大好きな作者にむが3連続✨



...どうしよう




あっ!よろぶん!聞いてください!まいまざーが、ジンニム化ㅋㅋ

わたしが、ご飯食べてたら

まいまざー=🌼

🌼『え、むるって、ご飯何で食べてんの?』



🐤「え、いや。白ご飯」



🌼『それ、ごまかけたら美味しそ - 』



🐤「え、辞めてよ。」



🌼『絶対美味しいって-』
とかいいながらまじでご飯とか納豆とかにごまかけながら食べてたんです(^^)←は