無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第89話

81


🐥side



もうさ、あなたが俺の事好きじゃないのは分かってた、




ぐくのこと好きなんだろうなって薄々どこがて気づいてた。




でも、認めるのがいやで、


認めたら負けたみたいで、


毎日泣きそうだったよ



きっと今ぐくにきてた電話もあなたからなんだろう。




俺があなたに別れを告げられる日も…って、きっとすぐに言われるんだろうな…



あぁ、あじゅんさんだっけ、噂を出してくれた人、





公式でだしたからあなた付き合ってくれたんだろうな





‘ 別れる前に ’、もう1回話し合いたいな___