無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第132話

113

🍴×🐬

___


🍴やぁぁぁぁぁぁそる!



🐬ん~?



🍴料理作って



🐬うん!いいよ



🍴僕は後ろでみてる




🐬…え、やめてよ。絶対ばっくはぐしようとか考えてんでしょ。




🍴か、か、か、考えてないしっ?!



🐬嘘つき~笑



🐬まぁ、いいや、作るから、邪魔しないでね、


🍴が、頑張る、





っていってるけど、ずっと後ろでうろうろしてるきむそくじん。



🐬あああああ、気散る!



って言ってね、後ろ向いたら


🍴(ちゅ



って、きすしてきたの。

🐬////


🍴これ、やりたかったの笑




🐬もう、うるさい!

___


🐬そしたら、そくじんが、腰に手回してきてさ、絶対そくじんって変態だとおもう。



🍎わぁぁぁぁ…聞いてるこっちがにやける、



🌼そういう、あなたちゃんはなんかないの?



🌻ぐくさんですよね!