無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第134話

115
🐯

___



🐿~♪~♪




🐯…ねぇ。なに見てんの?




🐿…ん~なんだろ、画像。




🐯誰の?


っていいながら顔をわたしの肩に乗せてるじゃんか( ˙-˙ )




🐯…なんでじみんの画像みてんの。




🐿ペンだから。




🐯ん?俺聞いてないよ。てか、音楽聞かないとか言ってたじゃん。






🐿じみんちゃんは別、




🐯は?ちょ、無理なんだけど。




🐿いや、無理ってなに、別に誰を好きになろうが私の勝手じゃん。





🐯そうだけど…俺のじゃん。



🐿…笑 かわいいなぁ。うちのスマホのフォルダみる?





🐯やだよ、どうせじみんでしょ、




🐿ん~、てひょん、じみんで、6:4かな。




🐯少ししか多くないじゃん。



とか、いいながらみますよね。てひょんくん。





そしたらさ、ほとんどが自分で、にやけながら








🐯すき!!そういうところ、愛してる。




ていいながら優しいキスしてきたんだそうです。


___